はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2015年11月09日

元気な1日を!!!

お元気さまです!!にっしんです!!




いやー…最近暑くなってきましたねー




この間まで冬かってつっこみたくなるぐらい寒かったですが



暑さに負けず寒さに負けず頑張っております!!





自分たちは大学をもっと良くして希望や感動を与えていきたいっ❗ という思いで日々活動しています。




そういうわけで土曜日に大学内や大学通りであいさつ清掃を行っていましたが




もっと貢献していけることはないかと思いました。




そこで学生や教授に一日を明るく元気で頑張ってほしいと思って




平日のにもあいさつ清掃をしていきましたー





きらきらした太陽の光を浴びながら




登校してきた学生たちに

「おはようございます」「いってらっしゃい」「今日も頑張ってください」




あいさつとエナジャイズをしていって多くの人が笑顔になって喜んでくれましたー




One Family文化を発信していきながら、為に生きあう喜びを持ってこれからも頑張っていきます!!


ありがとうございましたー!!
続きを読む
posted by 山口大学CARP at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

ついていきたい人

皆さんお元気さまです!

最近また一つ歳を重ねたジョーです!!






そんな私が最近感じたことなんですが・・・

すべてのことは、愛がなければうまくいかないなあということです。




成功する秘訣とか、コミュニケーション能力上げるにはとか、いい上司・リーダーになるには・・・

という内容の本やネットの記事で言われているのが目についたり耳に入ってきたり鼻に・・・はないですけど、いろいろありますよね。

結構外的なもの―コミュニケーションのとり方や成功者の行動の特徴、例えばメールの返信が早いとか―についての内容がほとんどです。

でも、いくらそれらを知っていても、実践でき人から信頼されるのは愛があればこそなのではないかと思うのです。







先日見つけたある記事が印象的でした。

アメリカ軍に属するウィリアム大尉という方がいらっしゃるのですが、議会名誉勲章を受章されました。

彼の姿から、リーダーについて書かれたものです。




ウィリアム大尉はある日の護衛任務中に敵の待ち伏せに遭い、攻撃を受けてしまいました。

大尉ともう一人は、銃弾を避けながら首を撃たれてしまった軍曹を運び、負傷兵をヘリに乗せ、

さらに危険なエリアへ他の人を助けるために戻っていったそうです。



このような彼のリーダーシップが評価され、受賞に至りました。



このできごとに対し、ウィリアム軍曹は、「他の人も自分のために同じことをしたでしょう」と語っています。



これほど篤い信頼関係はそう簡単には築けないな・・・すごい!




「信じてほしい」「協力しよう」とか、上司にいくら言われても、

銃弾が飛び交うような自分の命が危ぶまれる場面で上司に従うことはなかなかできないことだと思います。


日ごろの関係の中でそのような深い信頼関係が生まれるのだろうなと思いますが、

大尉はどのような思いで上司・リーダーとして部下たちと接しているのでしょう?





ウィリアム大尉は、優れたリーダーとは「親のような存在」だと考えています。





「素晴らしい親はまず子どもにチャンスと教育、そして必要ならば罰を与えます。

実はそれは優れたリーダーと同じで、彼らは部下にチャンスと教育、そして必要に応じて罰を与え、

安心感を与えつつ安全に失敗できる機会を与える存在なのだ」


と語っています。

いやあ、そうですよねー!


危ないからと言って挑戦することを妨げる過保護な親ではなく、

お前には無理だと言ってさせないのではなく やってごらんと背中を優しく押してくれ、

失敗すれば必ず助けてくれるし諭してくれる

間違ったことをすればときには本気で叱ってくれる



そういうのってですよね。




また、海兵隊には習わしがあり、上官は最後に食事します

部下に先に食べさせ、部下の食事が終わるころには上官の食べ物は残っていないこともあるそうです。

先に子どもに食べたいだけ食べさせてあげ、自分のごはんが無くなってもお腹いっぱいの満足な顔を見て自分も満足するような、親と一緒だなと思いました。


親が子どものために自分を犠牲にするように、部下が守られ安心できるように自らを犠牲にする選択ができる人、これが優れたリーダーになるのではないでしょうか。


そしてこの記事の筆者はこのように言っています。


「そしてこのリーダーの選択や考え方は組織全体に浸透して行き、

周りの人々が徐々にリーダーのビジョンを実現させようと協力することに繋がります。

ではなぜそこまでして周囲はリーダーを支えるのか、なぜその人のために全力を尽くせるのか、その答えは簡単です。

なぜなら彼らは絶対的信頼を置き、安心感を与えてくれるリーダーのために当然のことをしている感覚で動いているからです。」



親は子どもを愛するが故に、自分のことを忘れ自らを惜しまず子どものために犠牲にできるんだなあ

リーダーに部下を愛する気持ちがあって、その言動の背後にある愛を感じて部下たちは自ずと、この人についていきたい支えたいと思うようになるんだなあ

と思います。



愛において、他の人より優っている人、自分以上に他の人を愛することのできる人が

周りから信頼され真のリーダーとなりのではないでしょうか。



コミュニケーション力やらなにやらスキルを身につける以上に、

親のように他を愛する心 がまず大切なのではないでしょうか。





そのような私自身になれるよう、頑張っていきたいですね。

以上、ジョーからでした!
posted by 山口大学CARP at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ある新聞記事から

お元気さまで―す!!

このごろ社会のことに関心を持ち始めたにっしんです。




そういえばつい最近同性婚についてWASで第1号の新聞が発行されました。




早速読んでみましたよー✨




ふむふむふむ・・・ほぅほぅ・・・






確かに同性婚については賛否両論ありますが、



将来や子供のことも考えていけば家庭が大切だなと思いました。





自分は参加していませんでしたが (参加してないんかい ビシッ、))




参加したメンバーがすごく良かった💡と言っていろいろ教えてくれました。



次こそは自分も参加したいなぁと思いました




W・A・Sの次回のテーマはーーーー




なんと!?





今話題の安保法案らしいです。 自分も頑張って勉強します!!





あっっそういえば新聞といえば




夏にアメリカで創造論の博物館についての新聞記事があったような・・・





人間と恐竜が共存している場面(つくりものですが)の記事などが乗っていてビックリしました





日本では当たり前のように進化論を信じている人が圧倒的に多いですが




他の先進国(アメリカなど)では進化論創造論の両方が支持されていて創造論を信じている人の割合も多く




お互いに批判しあい、論争になっているみたいです。




全く正反対の理論に見えますが、なぜそこまで論争になっているのか?





ということでー、進化論創造論について考えていきたいと思います!





まず創造論について簡単にみていくと



”宇宙や生命のすべてが創造主(神)が神によって創造された




という主張で極端なもので



地球の年齢は1万年よりも小さい




人間と恐竜は共存していたなど



現代の科学で言われているものとは全然違うように考えられています




一方で進化論は



”30億年以上前に現れた単細胞生物から出発して進化によって今の人類になった




という考え方です(日本ではこちらが一般的ですね)






しかし、「宇宙の始まりからこうして人間が生存できる環境が偶然にできるわけはない、確率的にもあり得ない」




という人が多く、ゆえに神が意図をもって創造したんだ!と考えられています





たしかに




進化論側でも進化は偶然ではなく必然ではないかと考える人もいますが、




それは神によってではなく





自然淘汰が原因なんだという説があります。






自然淘汰とは一言でいうと





厳しい環境により適応している個体だけが生き残って子孫を残すことです





キリンやダーウィンフィンチなどがよく例であげられます(詳しくは省略)。





進化論側は自然淘汰説を絶対的に信奉しているので進化は必然なんだといっています




つまり両者とも進化は必然的なんだといっていますが、




結局それが創造主(神)によるものなのか、自然淘汰によるものなのかでもめているんですね






💠それでも





創造主(神)が意図を持って自分たちを創造したんだという風に思います






昔から人間は人間、恐竜は恐竜として創られたから、人と恐竜が共存していた時代があったんだ・・・




という風には思わないですが、




進化の過程に創造主(神)の意思があったんだと思います





進化論では進化は自然淘汰によって必然的に進んでいったと信じています。




たとえそうだとしたなら自分たちの存在に意味はないし、相対的な価値になるので本当の意味で幸せはないです。



それって悲しいですよね💥




しかし創造主(神)によって創られたのであれば、・・・自分たちのことを何十億年もかけて大切に創られたのだとしたら、




そこに生きる意味や人生の目的、価値があるのではないでしょうか。





その方が喜びがあるし、幸せな姿ではないかと思います!


ひとりひとりが本当に尊い人なんだ!



そのような思いを持って


互いに喜び・悲しみを分かち合えるような


One Family文化を発信していけるように


大きな志を持ってこれからも更に頑張っていきます!!




ありがとうございました。




続きを読む
posted by 山口大学CARP at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

ワールド・アンビシャス・スクール!

こんにちは、そして、お元気様です!ツナです!

10月14日、今回は、なんと・・・・



ワールド・アンビシャス・スクール(W・A・S)


を開催しましたパチパチ〜



ところで、WASってなんだ!?  と思ったそこのあなた!



ふっ、ふっ、ふっ・・・・



説明しよう!


今までは、活動の一環として定例研究会を行っていました。



しかし!



世界の諸問題を解決する方法を身に付け、大きな志を持った人を育てる学びの場





と言うことで、名前を定例研究会からWASになりました。


よろしくお願いします



初の試みとして新聞を作ったので、ぜひ見てみてください!

こちらから↓


以上、ツナからでした!

posted by 山口大学CARP at 00:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

為に生きたーい!!

こんにちは!!

山口CARPのシーラカンスこと、アオノリです!





今日は土曜日!!!




ということは、、、









待ってました〜〜!!!




あいさつ清掃だあああ〜〜〜〜〜!!!














はい。

というわけで、今回は「為に生き隊!」の活動報告です。^^









先週は新入りのアンさんに活動報告をしてもらいましたが、


いや〜やっぱり若い力はいいですねぇ〜希望ですねぇ〜〜









えっ!?なんだって!?

まだ先週の活動報告を見てないって!?!?







まだ遅くはありません!こちらから見れますよ^^









そして、いつも山口CARPのブログを見て下さっている方、ありがとうございます。m(_ _)m







今回も元気に活動をやっていきました!!


「One Family文化を発信する震源地となろう!」というテーマのもと、あいさつ清掃をしていきました。






ある者は、「こんにちは!」とあいさつしながら、プラスワンワードに挑戦し、「こんにちは!きょうは天気いいですね。」「こんにちは!赤ちゃん可愛いですね。」と自分を一歩超えて、地域の方々を喜ばせよう!とやっていったり、



またある者は、チームの中で励ましあい支え合いながら喜びをもって、本当の家族のように大学生や先生方にあいさつをしていく中で、気持ちのいいあいさつを返してもらえたり、




それぞれが為に生きる喜びを感じながら、元気よくやることができました。











最近は寒くもなってきましたが、心は大義に燃えて、一人一人が「One Family文化を発信する震源地」となって頑張っていきたいと思います!!



以上、アオノリでした!!

posted by 山口大学CARP at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする