はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2016年01月07日

「やりたいこと」と「やるべきこと」と「やれること」

新年あけましておめでとうございます!! 。゚+.謹賀新年゚+.゚(○゚∀゚)(○。_。)ペコッ


2016年を迎え卒業を間近に控えたアオノリです!!

「学生最後の〇〇」という単語をよく使うようになり、淋しくもあり、新生活に期待をよせながら過ごしている今日この頃です。



今回がおそらく「学生最後のブログ」になるかなあと思いつつ、パソコンをカタカタと打っております。

しんみりとするのもあまり好きではないので、とりあえずはりきっていきましょー!!





ということで、今回は最近僕が思うことについて書いていきます!


タイトルにも書きましたが、「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」についてです。


同じような言葉を並べましたが、意味はそれぞれ異なるものです。

「やりたいこと」・・・理屈ではなく感情的に自分が望む事

「やるべきこと」・・今の環境で自分の果たすべき役割

「やれること」・・・今の自分の経験や能力から実行可能なこと


この三要素がどんな関係にあるかによって、日々の満足感や成長の度合いなどが違ってくるのではないかと思います。


理想を言えば、3つが「同じ」である状態が最も安定している状態だといえるが、この3つを一致させることが案外難しく、一致させられないことに葛藤を覚えることがあるのではないでしょうか?






例えば、勉強
僕も学生時代はたくさん悩まされました...


「勉強はやるべきだ、やらなければならない頭では分かっていながらも、「他にやりたいものがあぁぁ・・・と心のうめき声が聞こえてくるわけです...






誰もがこういった葛藤や悩みを一度は経験するのでは...?



勉強、部活、進路、etc...

あらゆる状況や環境下で通過すると思います。






そして、自分では意識していないかもしれませんが、人生の中で何度もそういう岐路に立たされながら、人は幸せな道を求めていくのだと僕は思います。




しかし、全てが上手くいくわけではありません。。


「やりたいこと」という一時の感情に流されて、「やるべきこと」を疎かにして、道を誤ってしまうこともありますよね...少なくとも僕はあります。。







では、どうしたらそのようなジレンマから逃れ、幸福感や満足感を得られるのか?−−−それは、「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」 この三要素が一つになれば問題はないのです!!





そのためには...「やるべきこと」「やりたいこと」を一致させて、そこに「やれること」をすりあわせていく という方法が三要素が一つとなるベストなアプローチかと思います。




「やるべきこと」「やりたいこと」となるためには大きく分けて、


1.「やるべきこと」を分解して「やりたいこと」に落とし込む

2.「やりたいこと」から「やるべきこと」を導き出す






以上のように2つの方法があると考えられます。

前者は、自分が与えられた責任の中に喜びを見出すなどして「やりたいこと」「やるべきこと」の延長線上に目標を据え、両者を一致させてしまおうという方法である。



例えば、「教師になりたい」と心から願う人がいたとしよう。その思いが強ければ強いほどに、教師になるための「勉強」というのはさほど苦痛にはならなずに、むしろ自分の夢に向かっていっているので希望と期待に満ちていけるのではないだろうか。




後者は、何をしている時自分は楽しいのかということを考えて、好きなことが「やるべきこと」として設定されているような環境に自らを置くという方法である。



例えば、プログラムを組むことが好きならプログラマを目指したり、化学が好きだから研究者を志したりという方法である。






2つの方法はそれぞれ (前者)=「認識を変化させる」、(後者)=「環境を変化させる」と言い換えることができると思います。







後者は、「環境を変化させる」ということですが、たしかにこれも一つの方法だと思います。



しかし!! そんなに都合のいいように自分にあった環境にめぐり合うこともさほど多くはないでしょう。





そこで、僕は前者の「認識を変化させる」という方法を声を大にして、訴えていきたいと思います!!




自分に合うように環境を変化させるのではなく、環境に合うように自分が変わるのです!!!







そのためには「やりたい!」と思える志(Vision)が必要です。






日々「やるべきこと」はいくつも押し寄せてきます。では、果たしてその「やるべきこと」”自分は何のためにやるのか?”






その「やるべきこと」明確な志・目的をもって、事を成していけるとするならばあなたの生活は大きく変わっていくことでしょう。^_^












これから大学ではテストも迫って来ると思いますが、まずはその押し寄せてくる壁に向かっていくときに心に手を当て考えてみてください。












「私は何のためにやるのか?」



あなたの心に変革を。



以上、アオノリでした!!

今年一年もよろしくお願いします。
posted by 山口大学CARP at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 宇部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

高齢者詐欺と家族


皆さんは家族とどのくらい連絡をとりあっていますか?




私の祖母は実家から車で1.5時間ほど離れたところに独り暮らしをしており、


1,2ヶ月に1回、私から電話をしています。



以前、祖母の家に知らない男の人が2人来て、お金を払うよう脅迫されたといい、


それから知らない人が来ても出ないようにしているという話を聞きました。




独り暮らしの高齢者を狙う詐欺が本当にあり、話には聞いていたが本当に恐ろしいものだと感じました。






 オレオレ詐欺や架空請求、「戻ってくるお金があるのでATMへ行ってください。」と言う還付金詐欺など


「特殊詐欺」と呼ばれるこれらの被害額は、


過去最悪の約566億円(平成26年)、13,392件を記録したそうです。





 「電車に財布を忘れてしまって今日中に取引先に支払わなければいけないお金も入っている。


大変なことになる。お金を貸して欲しい。




騙されてしまうお年寄りのは、


子どものために、困ってるのなら助けてあげたい


そんな純粋な気持ちだったのではないでしょうか。





 三世代世帯の数も割合も、この10年間減少し続けている一方で、


65歳以上の夫婦のみの世帯と65歳以上の単独世帯つまり一人暮らしの割合は増加し続けています。


また、以下のグラフのように、被害件数は減少していても、高齢者の被害割合は増加しています。

higaikennsuu.gif














↑(高齢者の刑法犯被害認知件数(万件)(高齢社会白書2014年版



高齢化に伴い特殊詐欺の件数も増加していると考えられます。






特殊詐欺は、家族が一緒に住んでいれば防ぐことが出来るものではないでしょうか。



しかし、核家族、遠くに住む家族が増えている今、


一番早い予防法は、政府が唱えているように


家族が毎日話すこと」


だと思います。




以下のグラフを見ても分かるように、詐欺に狙われる対象は


「おばあちゃん」が圧倒的に多いと考えられます



子どもが大人になり、いい歳になったとしても、母親はいつまでも母親です。


離れており日頃何もやってあげられないからこそ、困っている時に助けてあげたいという気持ちになるのではないでしょうか。




Image-1.jpg




















家族よりも個人を尊重する風潮がある現代、家族の間に空いたスキマに、


特殊詐欺という悪が入り込んでいるように思います。



お年寄りを特殊詐欺から守るのは、政府ではなく、近所の人ではなく、私達家族なのです。





「元気?」






一言だけでいい。


あなたの家族に電話してあげてください。


世界中探してもここにしかいないあなたの大切な家族なのだから。









政府広報オンラインを参考にさせていただきました。

「オレオレ詐欺を防ぐのはオレ」という非常に心に残る動画でアピールされています。

http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/korei_syohisya/index.html


posted by 山口大学CARP at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

熱い心で活動していきましたぁ!

お元気さまです!!


12月に入ってだんだん寒くなってきましたね。


外は冷たい風もぴゅーぴゅー吹いてになったなぁって感じですが



そんな中私たちは熱い心であいさつ清掃をしていきました





天気もとーっても良くて大学内と大学の周辺地域の多くの方にあいさつしていきました。




学生や職員の方、地域のおじいちゃん、おばあちゃん・・・たくさんの人に出会って



主体的にあいさつしていくと返事や会釈をしてくださる方も多かったです。



更に

こんにちは」「お疲れさまです」


と向こうから声をかけてくださる方もいましたぁ。



そういって下さる方の気持ちがうれしくて心があったかくなりました。



毎週やっていますが喜んでくださっているんだなと思いました。



お互いを思いやったり、関心を持ちあう家族のような関係をもっと築いていきたいなぁと思いました!





為に生きあう文化を発信していく震源地


を目指してもっと大学や地域に貢献していけるような私たちになって頑張っていきます!!


以上、にっしんからでしたぁ!
続きを読む
posted by 山口大学CARP at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

学は、人たる所以を学ぶなり

お元気様です!

早いことに「師走の月に入りましたね

いろいろと忙しくなると思いますが、今年一年もラストスパート!

充実した時間を過ごしていきたいものです


今回は、中間試験期末試験がある学生の皆さんのために、吉田松陰先生の言葉を一つ紹介しようと思います!


タイトルにも使わせてもらいましたが、

「学は、人たる所以を学ぶなり」

です。

どういう意味かというと、

「学ぶ、勉強するということは、人間が人間たるゆえんを知るためにすることなのだ」

ということです。



ところで、皆さんは学校に行って勉強していると思いますが、

どうして勉強しているのか考えたことはありますか?


多くの人が学ぶ理由が分からなかったり、試験いい点数をとるため、受験のため、資格のために勉強するんだと思っているんじゃないかと思います。

少なくとも、自分もそうでした。



確かに、社会に出て行ったときに、有名な大学を終わっていたり、資格を多く持っていると有利かもしれません。

しかし、それが勉強することの本質でしょうか?


松陰先生は、「学は道の得否にあり(学ぶということの根幹は道を得るか否かにあるのだ)」と考えています。


ここでいう、道とは、将来の夢や目標、志のことを指しているのだと思います。


また、試験の点数や進学、進級に一喜一憂する風潮を批判し、弟子たちに次のように言っています。


「区々たる等級何ぞ争うに足らん」


これは、進級や試験の結果などという小さなことを気にかける必要はない。

われわれはもっと大きな目標をもって勉学に励んでいるのだという意味です。





これらの内容から、大学に入って、社会に出てから何がしたいのか

未来を見据えて勉強していくことが重要であるということです。





学生の皆さん!


試験もあると思いますが、勉強する目的を失って投げ出してしまうのではなく、

なぜ勉強するのか?今一度、原点に立ち返って考えてみるのもいいのかと思います!



以上、ツナからでした!

(お詫び、一つではなくて三つぐらい紹介してました


































posted by 山口大学CARP at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

感謝!感謝!感謝!感謝!


みなさんこんにちは、カラです!



いやー最近は、寒くなりましたね




僕は、寒くてもうすでにマフラーが手放せません




それはさておき、みなさんこの3連休はなにをされましたか?



僕は、久しぶりに帰省して親に会ってきました。



祝日があると嬉しいですよね。


この前の祝日は、勤労感謝の日でしたね!



でも、勤労感謝ってなんに感謝すればいいのか、よく分からなくないですか?



ウィキペディアでは、農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。
また、その年の収穫物は国家としてもそれからの1年を養う大切な蓄えとなることから、収穫に
感謝する大事な行事として定められているものらしいです。



本来、勤労感謝の日は、働いている人に感謝する日ではないんです!!



命の糧を頂いていることに対する神様への感謝をささげる日なのです



日々、頂いている何気ない食事にもぜひぜひ、感謝の思いを忘れずに頂いていきたいです。



でわでわ、カラからでした。




posted by 山口大学CARP at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする