はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2016年06月09日

第1回WAS報告

お元気様でーす!



ワールドアンビシャススクール(WAS)広報担当になりましたちょけドラです!





6月になり、もう梅雨入りですね




カエルの素晴らしい合唱が聞こえてくる、そんな季節に変わってきました。




今日は、遅くなりましたが525日にあった平成28年度第1WASの報告です!




WASとは何ぞや?と思った人はちょっと前のブログを見てください<m(__)m>







テーマは「青少年問題」です




皆さんにとっても身近な問題なんじゃないでしょうか??








今回1回目ということで「青少年問題の現状と課題」について発表しました!



青少年問題を一つとっても様々な問題がありますが、今回は3つの問題について調べました!






(1)   青少年犯罪

最近は一人や二人の個人型の犯罪が増加していますが、少年犯罪を減らすための取り組みもあって全体の青少年犯罪は減少傾向にあります。しかし、その中で青少年の家庭内暴力は増加しているのが現状です




(2)   ネット犯罪

今日の科学の発達により、インターネットの普及によって、ネット依存やネットによるいじめ、出会い系などの問題があります。ここ最近では、パソコンやネットに接続可能なスマートフォンの普及によってネット犯罪に拍車がかかっています




(3)自己決定思想

近年、自分の生き方や生活を自由に決定する権利を主張することによって、様々な問題が生じています。罪意識の低下による薬物乱用や、性に対する規範の低さ、結婚観の変化などの問題があります






発表を聞いて、青少年問題の現状は深刻であり、人の人生に影響を及ぼしているんだなと思いました。これらについて一人一人が考え、法律や教育などで、青少年問題の対策が必要であると思いました。



IMG_0225.JPG






発表の後に、参加者からの質疑応答をしてから、





「青少年問題をなぜ解決しなければならないか?」




について、3グループに分かれてディスカッションをしました。


IMG_0227.JPG
IMG_0229.JPG




さぁ、どんな意見が出たのでしょうか!?




...ということで詳しくは第1WASの報告書をあげておきますね!ぜひ見てみてください







次回のWAS「青少年問題の根本的な原因」です!                       





Comingsoon…





以上ちょけドラからでした!

posted by 山口大学CARP at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

活動報告



みなさんお元気様です




4年生のカラです




今回は、為に生き隊から実際どのくらい活動しているのか現状の報告していきたいと思います





今期は、週に2回、水曜日と金曜日のどちらかと土曜日にあいさつ清掃をしています。





でも、実際どのくらいなのか分かりずらいですよね〜




という事で、集計してみました



今年の活動回数は18回


  総参加人数130人


  ごみの総量60kg


という感じですね〜




チリも積もれば山になるという事で、山口大学からゴミがなくなるその日まで、継続して活動していきたいと思います。





これからも、為に生きる文化を発信して、大学に希望と喜びと活力を与えていきます


IMG_0197.JPG


続きを読む
posted by 山口大学CARP at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

夢プロジェクト


みなさんお元気様です。



4年生になったカラです




為に生きたいからなんと新プロジェクトのお知らせです。




その名も夢プロです。




山大生に夢を聞いてその夢を模造紙に書いてもらい、その紙をつなぎ合わせて一つの絵にしていくというものです。




山大の中に他の為に貢献する夢、志をもった学生がもっとあふれるような文化を発信していきたい、
希望を伝えていきたいと思い企画しました。




まだ、準備段階ですが、7月中には掲示していきたいと思っています。



どんな絵になるのかは完成してからのお楽しみという事で楽しみにしててくださいワクワク



また、ななななんとアンケートに応えてくれた学生には為に生きたい特製のキーホルダーをプレゼントしたいと思います。

↓これです
image1 (007).JPG


















いい感じに仕上がりました。いいでしょーーーーー





赤い鳥が情熱を持った若者、星は希望、地球は世界平和の意味合いを込めました。




夢に向かって羽ばたいていこうというイメージです。





ぜひもらったかたは、バックなんかにつけてもらって





これで皆さんも夢プロの仲間入りですね。





ぜひぜひ皆さんの希望的な夢を募集中です。




また、進み次第、報告していきます!!!


それでは、カラからでした。



posted by 山口大学CARP at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

激化する「文化戦争」

お元気様です!久々に登場しました代表のツナです!


今回は世界思想を読んでいて目に留まった内容があったので紹介したいと思います!



最後まで読んでくださいね〜〜



今日紹介するのは、海を渡ってアメリカのことについてです。


アメリカは今や「世界の警察官」を降り、孤立主義に向かっていこうとしています。極東からの軍事的撤退も示唆するトランプ氏らが旋風を起こす大統領選をめぐり、超大国アメリカで何が起こっているのかを探ってみようと思います。



(これは雑談なんですが、アメリカ大統領選挙は4年に1度、閏年、夏季オリンピックの年に行われるみたいですね!)


いろいろ項目があったのですが、その中でも「文化戦争」のことについて考えてみたいと思います。


(以下、世界思想から抜粋)
‵‵中産階級の多くは家族を重視するキリスト教徒が多い。オバマ政権のリベラルは社会政策でマリファナ(大麻)が解禁されたり、同性婚が合法化されるなど家族や社会倫理を弱めるような価値観が拡大し、将来への不安を深めている。



アメリカ議会では保守とリベラルの分裂政治が深刻になっており、文化戦争が激化している。その重要なテーマの一つは人工妊娠中絶である。



リベラル派は、中絶は女性が自分の体を完全にコントロールする女性の権利、また胎児をどうするのか自由に選ぶ権利を主張してきた。それに対して、保守派はキリスト教的価値観に基づいて胎児は受精の瞬間から、それを中絶することは殺人に相当するとして中絶に反対している。’’



ここで、アメリカとはどういう国なのか気になったので建国理念を調べてみました。



(以下、抜粋した内容)



「我らは次のことが自明の真理であると見なす。すべての人間は平等につくられている。創造主(神)によって、生存、自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられていること。これらの権利を確保する為に、人は政府という機関をつくり、その正当な権力は被支配者の同意に基づいていなければならないこと。もし、どんな形であれ政府がこれらの目的を破壊するものとなった時には、それを改め、または廃止し、新たな政府を設立し、人民にとってその安全と幸福をもたらすのに最もふさわしいと思える仕方で、新しい政府を設けることは人民の権利である。」






簡単に考えてみると、私たちは神様から生存、自由、幸福の追求を与えられているということです。





皆さん考えてみてください!今のアメリカの文化はこの建国理念に沿っているかと言えるでしょうか?






話を戻してみるとリベラル派が訴えている内容は、あくまでも自己を中心としているので、神様を中心としたアメリカの建国理念に適していないのではないかと思います。




今はアメリカは大統領選挙の最中です。キリスト教清教徒によって礎が築かれた国がアメリカであり、教会と家庭を最も重要な共同体として歴史を刻んできました。清教徒たちはキリスト教国家が地球上のどの国よりも世界の為に良いことを成すだろうという未来の展望を持っていたのです。




しかし、今となっては清教徒たちが思い描いてた未来とは、かけ離れている国家に近づいているのを感じます。




CARPの創設者である文鮮明氏も「アメリカよ、神に帰れ!」と語られているように、今一度神様を中心とした文化を取り戻してもらいたいものです。




日本にいる私たちもただ黙っているだけではなく、国の為に世界の為にも何が正しいのかという正しい価値観を学んでいくことが大切になってくると思いますし、実際に為に生き合う文化を築いていきたいものです。







そのために私たち山口CARPは、WAS(ワールドアンビシャススクール)を通して、様々な社会問題に対して解決策を打ち出していこうと取り組み、あいさつ清掃を通してOne Family文化を発信していこうと努めております!









以上!

最後まで見てくださりありがとうございました!





















posted by 山口大学CARP at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

麻生太郎総理に対する報道から日本のマスコミを考える

どうも、もりしーです。

皆さんは第92代内閣総理大臣の麻生太郎さんを知っていますか?

200px-Taro_Aso_in_World_Economic_Forum_Annual_Meeting_in_Davos_(cropped).jpg

2008年〜2009年の1年間が総理大臣としての任期だったので、覚えている方も多いのではないかと思います。

では、麻生総理にはどのような印象を抱いているでしょうか?
続きを読む
posted by 山口大学CARP at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする