はじめての方へ
山大CARPへようこそ! 「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック! このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧 他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧      またブログ村にも参加しています‼ 


 

一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

ランキング急上昇中⤴⤴                      

今日のランキングは?                     

↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2013年11月25日

定例研究会

皆さんこんにちは。

今日は遅ればせながら、定例研究会を行いましたので報告いたします。

私たちは統一原理というものを学んでいますが、その内容が正しいのかどうかとか、自分で考え、しっかりとした軸を持つことって大事ですよね?


もちろん統一原理だけでなく、世の中のいろんな思想や文化、現状に対して、しっかり考え、何が問題で、何が正しいのか、といったことに対してちゃんと答えられる自分になって、地域や社会に貢献していきたいと思っています。


そこで今回は、青少年問題について話し合っていきました。


内容は、近年の日本において、どのような青少年犯罪があったか、少年犯罪の低年齢化、頻発化、その原因について資料を参考にしながら、グループに分かれて話し合いました。
青少年問題について、その原因として、若者が虚無主義に向かっていることが挙げられました。


虚無主義は解決可能か?何が虚無主義を拡大させているかといったことについて話し合い、一人一人この問題について考えて向き合う貴重な時間となりました。

解答例には、戦後の教育に視点を当てていたり、少年より、教育側に問題ありとみる人が多くいました。

同時に統一原理によって解決できるという確信を改めて持った人もいました。

今回の定例研究会で、ほかにも多くある社会の現状や、様々な思想に対しても、関心を持っていくきっかけともなりました!


今後も様々な社会の現象や、思想について研究していきたいと思います。


短いですが、読んでくださった皆さん有難ございました!
こんな資料いいよ!など、コメントもお待ちしております!





参考資料:「文化運動と未来の約束」

posted by 山口大学CARP at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

土曜日と言ったら

 はい、どうも・・・ピー、ピー、ピー、ケPーです。宜しくお願いします。

最近はなかなか研究がうまく行ってないですががく〜(落胆した顔)、まあ、元気だして行って見ましょう。わーい(嬉しい顔)

さて、皆さん前回のブログは覚えてますかね。

なんだっけ?と思ったそこの君、復習が足りないね

そう、みんなが待ちに待っていたものがついに決まりました。(パチパチパチどんっ(衝撃))。


2013年ゆるキャラ日本一

結果は、

おー。  ドキドキ、ワクワク。





後ほど。(ドテパンチ)

実は、結果が決まる前日にここ山口CARPにおきまして
いつも通り熱くて、少し温まる活動が行われていたのでした。

そう、清掃活動&サッカー

回想。

さあ、やってきました。快晴の中今日も地域に元気笑顔優しさを振り分けて行きましょわーい(嬉しい顔)

黙々と拾うメンバー、地域の人たちに明るく元気に挨拶するメンバーたち、などなど。

さあ、今日の収穫は

ゴミ袋一袋

昔に比べてゴミが減ったな。

さあ、感想を聞いて見ましょう

どうぞ、

がんばってとか、関心だねとか、ねぎらいの言葉をいただけて嬉しかった。

いつも通っている道だけど、よく見たら結構ゴミが落ちてることにびっくりでした。

などなど。いただきました。

特に、今回は新しく来てくれた一年生もいて、

「普段大学の行き帰りで通っていた道のゴミ拾いをしてみて、初めてこんなにタバコなどのゴミが落ちていることに気づいた。
これからも清掃を続けていきたいと思いました!」

と、積極的に取り組んでいました!

私たちがふだん何気なく通る道にも、少し目を向けると、ごみが少なからず落ちています。
地域や社会に貢献していくことも、なんとなくでなく、地域や社会のニーズ、求めていることは何かを、しっかりと見落とさないことが大事なんだなと思いました。


そんな気付きを生かしながら、来週も頑張りましょう!

では、以上解散。


ってちょっと待った・・・

この綺麗になったグラウンドと、快晴の空の下、熱くならいやつがどこにいる。

というわけで、男たちの熱き闘いが幕を開けるのであった。(サッカーですけど)
CIMG0472.JPG











ーム
とりどり (ケPーチーム)
    
       VS

理系ブラックス (マッティチーム)

前後半15分が始まるのであった。

前半戦

理系ブラックス優勢。

どんどん敵陣に侵入してくる。

いいパスが通った。シュート。

しかし、キーパーに弾かれる。

しかし優勢に変わりなし。

どうする、チーム色とりどり。

打つ手なしか。

と、思った瞬間のことであった。

理系ブラックスゴールに赤き戦士 ウィルのシュートが決まってしまったモータースポーツ

CIMG0517.JPG












お、チーム色とりどり。優勢か

このまま終わってしまうのかと思われた前半戦。

ここで意地を見せたのが、キャプテン マッティ

CIMG0485.JPG





飛び出しオニオンからのパスに反応し、ボレーシュートサッカー同点ゴールモータースポーツ

キャプテンの意地を見せる。

手に汗握る、後半戦。

どちらも一歩も譲らない。

なかなかいいところまで行くが、決まらない両者。

っと、ここでこの均衡が崩れた。

オニオンの見事な飛び出しと若きエース ツナとの1、2を決めオニオンゴール。モータースポーツ

理系ブラックス意地を見せた。

理系ブラックス勝ち越し。

これを機に、メンバー総出で攻めるチーム色とりどり。

あと一歩が決まらない。

そして、ここで無情にもホイッスル

(ピー、ピー、ピー)が鳴り響く。

喜ぶ、理系ブラックスわーい(嬉しい顔)

悔しがる、チーム色とりどりもうやだ〜(悲しい顔)

最後は、お互いの健闘を讃えあって、握手

CIMG0528.JPG












いい試合をありがとう。両チーム。

以上。

いや、久しぶりにやれてよかった。

1ヶ月ぶりぐらいかな。(ケPさんが)  ※活動自体は毎週やってます♪


長々とお付き合いありがとうございました。

作者 ケ
いや、よかったよかった。よしブログをとじようかな。

作者 P
ちょ〜い。まだ肝心なのが残ってるって。

作者 ケ
なんだっけ?

作者 P
ゆるキャラグランプリの結果は。

作者 ケ
あ、忘れてた。
でも。もう寝る時間だ。お休み。

作者 P
寝ちゃったよ。

というとこなので、ゆるキャラグランプリ結果は次回をお楽しみ

imageCAPO3B6I.jpg



バイバイ。
posted by 山口大学CARP at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

定例研究会 11月30日

お元気様です。毎度お馴染みケp-です。

いや、12月に入ってまいりまして、もう今年も終わりだなという雰囲気ではないでしょうか?

12月は師走ということで、学生さんは、中間テストなんかに追われてたり、受験生は勉強真っ只

中であったり、皆さん走りつぱなしの月ではないでしょうか?

先日、図書館にて後期第二回定例研究会を行いましたので、報告させていただきます。


今回のテーマは 若者文化の変遷とカウンターカルチャ-ということで

参考資料を中心に今の若者が置かれている現状と若者文化による影響を見ていきました。

2003年度においてニートに分類される若者は、52万人と言われており、現在もその数が増え続けています。

では、なぜこのようになってしまったのでしょうか。

働く意義が分からない、対人関係が苦手になってしました、自分に自信がない、など様々な意見が出てきました。

では、ニートをどのように解決していけばよいのでしょうか。

様々な意見を受けながら、やはり一人一人が軸を持つことが大切なのではないかとなりました


次に、若者文化に焦点を当てて話あっていきました。

参考資料によると若者文化というものが歴史上最も注目されたのは1960年代に始まったカウンター・カルチャーの時です。

この文化運動が社会を変革する力として、若者文化に大きな影響を与え、我が国日本においても学生運動を中心として広がっていきました。

その後、様々な影響を受けながら若者文化は発展していきました。そして、その若者文化の影響により今の若者たちが抱えている問題があることを知りました。

今回の定例研で、私たちの身の回りにある文化があり、それらによって私たちは影響を受けていることを知り、

それに対する知識をつけていくこと、正しい価値観を身につけることが大切であるとの意見が出ました


以上

     
   
   
  
    用語が分からない人への解説


  ニート :職についておらず、教育機関にも所属しておらず、そして就労に向けた具体的な動きをしていない若者を指し自立性に乏しい層

  カウンターカルチャー :既存文化や体制を否定し、それに敵対する文化。1960年代のアメリカで、最も盛り上がりをみせた。対抗文化
                                                                 [デジタル大辞泉の解説より]

posted by 山口大学CARP at 00:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

SP

お元気さまですー晴れ


…ところで、みなさまご存知ですか。
世ではもう……12月、だそうですよ。







(@_@)








……2013年が終わる……だと…ッ!??






Σそっ…そんな馬鹿な!!!
だってついこの間、



「もう2013年かぁ〜早いねぇ〜(*^_^*)」

って会話をしたはず……!!!!






まさか…とは思うが




――私の記憶が何者かによって操られている、とでも云うのか……!!!?








…to be continued?













…続、かない!

どうもリザさんですヽ(^o^)丿

光陰矢のごとし。ですね。
私もこの歳になるはずだわ。





いま「厨二●ww」って言った方、放課後職員室に来てくださいね(^^)かわいい









茶番はこれくらいにしておきまして。


今日の私の役目はSPの報告をすることであります!




SP(セキュリティ・ポリス)じゃないですよ。

SP(サタデー・プロジェクト)です。

↑私が3分前に考えました。







なんとですね。今回のSPはいつもと大きく異なる点が2点ございます!

ひとつめは……ばばんッ!




男女比1:1の清掃活動!!!


ここめっちゃ重要!テストに出ますよ!!





我らが山口カープは、男性陣が極端に多いのです。

いつもの男性的な熱気にあふれた雰囲気もよいのですが、

やはり女性が多いとがありますね!癒されます(*^_^*)ぴかぴか(新しい)


今回は一年生もいっぱい参加してくれてリザさんは感無量です!!
若いって素晴らしい!!涙










個人的には和やか〜な気分で清掃活動スタート♪







道行く紳士淑女の皆様に、



「おはようございまーす!」

「いい天気ですねー!」



などなど、笑顔わーい(嬉しい顔)で元気晴れを振りまきながら歩きました★







ちなみに、リザさんはこの活動の甲斐あって、相当人見知りが治りました!Wow!










たった一言の会話で、つながる世界があるんですよねー。



ちょっとあったかくて、幸せな気持ちになれるのです。



人ってすごいなぁってしみじみ思います。















そんな感じで、女性陣はかわいらしく風船なんかを拾いました!

風船拾った.jpg


命綱なしに、自らの筋力だけを頼りに溝に手を伸ばす姿は

かなりアクロバティックでしたが!







一方男性陣は、無残な姿の傘×2や、各種空き缶詰め合わせ袋などをgetした模様。

いや〜すっきり(^^)♪












――そしていよいよお待ちかねの…!?















サッカー大会ーー!!!(Fooooo!!)





















――かと思いきやーー!!?(なっ…なにっーーー!??)




















円形バレーーー!!!!
(Yeahhhhhhh!!!!!)









ここ2点目!注目ですよ!マーカー必須!





※円形バレーとは…

カープで時々発生する種目です。
サッカーするほどの人数がいないときや、主に女性による強い希望があったとき、少人数に分けてプロジェクトをするときなんかに見られることがあります。
勝敗よりもチームワーク重視な気がします。






ルールは、

@みんなで丸くなった円の中心に誰か一人だけ入って、
A基本順番通りにパスをし、ボールを繋いでいく


単純なものです。

…が、タスクがあるので一苦労でした…!!!





「ふつうに40回!」に始まり、

「全員パスする人の名前を呼ぶ!」

「男性はサイレントモード!」

「半分は動いちゃダメ!」

「パスを出したら自分が一回転する!」



……などなど、やってみると案外難しかったり。







中でも、

『半分はアンダーパス固定!』

に苦戦を強いられました(@_@;)





お互い距離感がなかなかつかめず、

時間が経過するごとに募っていく焦りや不安、あきらめの気持ち……










目標は40回。しかし、20回いくのもやっとな現状。









「「「ほ、ほんとうに達成できるのか…!?;」」」




心が折れそうになった、と真ん中を頑張ってくれていた子は言っていました。










けれど、そう簡単にあきらめる我々ではありませんッ!!









「どんまいどんまい!」


「いい感じになってきた!」


「もうちょっと距離つめたらきっとできるよ!」


「真ん中支えよー!」


「みんなを信じて!!」


「絶対できる!!!」















全体で支えあい、ただひとつの目標に向かっていったとき……















「37,38,39………40!!!!!!!!!」










性別も、年齢も、体格も、能力も、性格も…

てんでバラバラな7人が一体化した瞬間でした……!!











その後はなんと、タスクの200回,400回も難なく超えて

613回という大記録をたたき出し、終わりを迎えました。








ひとつになれば、現実なんて問題じゃないな!という確信を得たSPでございました手(チョキ)かわいい
posted by 山口大学CARP at 09:01| Comment(9) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

PJ活動報告

お元気様です

5月も半ばを迎え、だんだんと日照りも強くなってきました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?



今回は、PJの活動報告をしていきます。

活動としては、挨拶清掃(地域(大学周辺)の清掃活動)を行ってまりました。


しかし!
ただの清掃活動ではありません。
CARPたるもの、統一原理を学んでいるものとして、それに沿った目標を持って活動していきました!

その目標は...


〜地域・大学に思いやり文化を発信する震源地となろう〜



です!

この先活動をより発展させて、地域の方々と合同のプロジェクトをしたいと思ってます!

自分たちが、大学、地域も巻き込むぐらいの為に生きる、思いやりの文化発信と、
両者の懸け橋となっていくことを意識して立てた目標です!

具体的に、清掃活動をしながら、すれ違う学生や地域の方々に
さわやかに挨拶していき、思いやり文化を発信していきました!





様子としては、こんな感じでした!↓




CIMG2313.JPG

















山口大学周辺を清掃していきました!
「おはようございます!」と笑顔であいさつすると、あいさつを返してくださる方もいたり、
「偉いね〜!ありがとね〜!」とお褒めの言葉をくださる方もいらっしゃいました!
地域との交流もできて、感謝でした!
(ありがとうございました!)




そして、3チームに分かれて、活動していった結果...






CIMG2338.JPG















たくさんのごみが回収されました!!
(これはごく一部ですが)






そして今回はなんと...







CIMG2323.JPG
















ある地域の方から、ジュースまでいただきました!
(本当にありがとうございました!)

自分たちが文化を発信していくなかで、逆に地域の人から愛されちゃいました!



活動を通して、みんなも様々感じたことがあったようです!



ある学生は、相手のために生きていく中で自分自身も喜びを感じ、
またさらに、挨拶が返ってきたり、話しかけてきてくださることを通して、
更に喜びを感じていったようです!


これはまさに、統一原理でいう、授受作用の部分です。
相手のために生きることによって、相手からもかえってきて、
どんどんその関係のなかに、喜びが生まれ、関係性も発展していくというものです。
お互いがお互いのことを思い、ために生きることが重要です!

だからこそ、まずは自分から、思いやりの文化を発信していくことが、
喜びの輪を広げていくポイントだと感じました!


今回も充実した活動でした!
今後もこの活動を継続してやっていくことで、さらに思いやりの文化を広めていきたいと思います!
(地域の皆さん、ありがとうございました!
posted by 山口大学CARP at 15:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする