はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2016年04月28日

熊本地震

あいさつが遅れましたが、山口CARPの代表をしているツナと言います。
今年度もよろしくお願いします!




4月14日、16日に発生した熊本地震から2週間が経ちました。今現在でおよそ3万7000人の方々が避難所で生活しているとのことです。
(読売新聞2016/4/28より)




1日も早く復旧が進むことを祈ります。がんばれ熊本!






個人的には出身が九州ということだけあって、熊本地震が心痛いニュースでした。現地熊本では、日々避難生活をしながらも一日も早い復旧のためにボランティア活動が行われているみたいです。





そんな中で気になることがあったので紹介したいと思います。朝のテレビ番組で熊本地震についての内容が放映されていました。
その内容は、現地の小学生が自発的に「子どもボランティア」を始めて、掃除をしたり食べ物を提供したり、ご高齢の方の肩もみをしているということです。





熊本では、まだ余震が絶えず不安になって生活している人たちも多い中、みんなの為に、為になることをしたいという思いをもって活動する子供たちの姿に「安心できるようになりました」、「子供たちの姿を見て、自分たちも勇気をもらいました」と感動している人たちが多かったです。






子供たち自身も不安や心配も多いと思います。なぜ、そこまで頑張れるのか考えさせられました。今現代を見てみたら個人主義の風潮が蔓延していて、自分自身が満足できればそれでいいと考えている人たちも多いのが現実だと思います。そういう中でも自分以上に他人を思いやる純粋な気持ちが子供たちの力になっているのだなと思いました。






たとえ、自分には見返りがなかったとしても他人に奉仕する子供たちは、すごく立派だなと思いました。「為に生きたい!」という思いだからこそ多くの人たちが心動かされるのだなと感じました。そして、「為に生きたい!」という心こそ、今現代に必要なものだなと個人的に思いました。






私たち山口CARPも地域や大学、そして熊本の為にも活動を通して、為に生き、支え合う、家族のような文化を発信していけるように頑張りたいと思います!






届け!One Family文化!


posted by 山口大学CARP at 10:25| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子どもの純粋で一生懸命な姿に勇気をもらえますね。本当に素晴らしいことだと思いました。
自分のことより他人のことを想うのは、自分に余裕があれば簡単ですけど、被災して大変なときに他のために行動できるってすごいですね。
Posted by ジョー at 2016年04月28日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437297780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック