はじめての方へ
山大CARPへようこそ! 「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック! このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧 他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧      またブログ村にも参加しています‼ 


 

一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

ランキング急上昇中⤴⤴                      

今日のランキングは?                     

↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2015年11月23日

頑張っても報われないそんなあなたへ



頑張っても報われないことってありませんか?



頑張っても結果でない。
やってもやっても苦労ばかり。。。
こんなにも与えたのに何も返ってこない!!

挑戦し失敗。
上手くいかない

じゃんけんでチョキを出す癖が相手にばれてしまい、
対戦するときついつい忘れ、癖でチョキをだし負けてしまう…


あぁぁーーー!!!
同じ手を出すこと知ってるのに(+。+)




まあまあいろんなことありますよね笑
最後の例はともかく意外と多いんではないでしょうか?



頑張っても報われないことありませんか?
日本人は特に感じやすいそうです。





頑張り屋さんの日本人


例えば電車
日本の時刻表を見れば1分単位で動いてくれる
諸外国からすれば数十分遅れてくる電車が普通の日常にあるのに対して
たった2,3分のズレで放送し、おわびする。
ここまで的確に動いてくれる

また24時間の営業が日常的にみられるようになった今日。
深夜ほとんどいないお客様に対しても働く日本人。
外国から見れば日本人はいったいいつ寝てるんだ!!と思っているそうです笑

またテスト前、よく見られる睡眠時間の会話、昨日は3時間しか寝なかった汗
という睡眠時間を削って勉強したという会話も睡眠時間削って頑張ったと自慢する

睡眠削って努力したことを美徳だと思うのも日本にしかない独特な風潮
普通だと思ってることが海外からは違うこともあるそうです。



世界から見れば日本は小さな島国であるけど
その努力が世界にも大きな影響を与えたのではないでしょうか!?






しかし、一つ注意すべき点がある。
それは目指していたゴールが何か頑張る事になってしまう事。

いつしか
”私はこんなに頑張ったのに…”、
”こんなにも努力したのなんでうまくいかないのだろうか”








”犠牲者根性”

こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これはカルロカレット著の「砂漠からの手紙」に書かれた内容になります。


犠牲者根性とは、人の心の奥底にある年をとるにつれて膨れ上がる腫物のようなものである。

どこにでもある家庭について考えた時に、その家庭にある苦労はみんなに分配されず、誰かの肩にばかりかかる。
(多くの場合は母親)

何年もの間はその肩に苦労がかがみ、その犠牲によって平和に生きていく事が出来た。
ところが、その肩の下にもう一つの心がある。その心の中に犠牲者根性が根を張り次第に広がっていく。
そして大変な努力の結果あるいはだれかも張りにによって下その腫物が破れ、ぜんしんに毒がまわる

「もういやだ、これ以上は!
私だけがせっせと苦労するのは、もうこりごりだ・・・」










どうこの犠牲者根性と向き合うのか?


まさしく根本がどこにあるのか重要。
何のために犠牲になるのか?
何のために与えるのか?

動機がどこになるのか?



まさしく動機が大切!!!








一度生じた腫物を取り除くのは簡単ではない
それは頑張ったものであればあるほど、努力したものであればあるほど、愛したものであればあるほど。

もし本気で打ち込んでいるものであればあるほど
もしその頑張りが命を懸けたものであれば失った時の打撃は計り知れないだろう。







頑張ってるあなたへ


たまには振り返る時間を持ってみてください。

胸に手を当ててみてください。


努力のする先に何があるでしょうか?




もう一度振りかえってみましょう。



あなたの応援でいたい。



posted by 山口大学CARP at 18:51| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「犠牲者根性」…!確かに…!

気づけば自分のためになりがち、相手に要求してしまってるなーと思いますね。
何のために頑張るのか?動機を確認すること大事ですね!
Posted by ジョー at 2015年11月25日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429592936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック