はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2015年10月22日

ついていきたい人

皆さんお元気さまです!

最近また一つ歳を重ねたジョーです!!






そんな私が最近感じたことなんですが・・・

すべてのことは、愛がなければうまくいかないなあということです。




成功する秘訣とか、コミュニケーション能力上げるにはとか、いい上司・リーダーになるには・・・

という内容の本やネットの記事で言われているのが目についたり耳に入ってきたり鼻に・・・はないですけど、いろいろありますよね。

結構外的なもの―コミュニケーションのとり方や成功者の行動の特徴、例えばメールの返信が早いとか―についての内容がほとんどです。

でも、いくらそれらを知っていても、実践でき人から信頼されるのは愛があればこそなのではないかと思うのです。







先日見つけたある記事が印象的でした。

アメリカ軍に属するウィリアム大尉という方がいらっしゃるのですが、議会名誉勲章を受章されました。

彼の姿から、リーダーについて書かれたものです。




ウィリアム大尉はある日の護衛任務中に敵の待ち伏せに遭い、攻撃を受けてしまいました。

大尉ともう一人は、銃弾を避けながら首を撃たれてしまった軍曹を運び、負傷兵をヘリに乗せ、

さらに危険なエリアへ他の人を助けるために戻っていったそうです。



このような彼のリーダーシップが評価され、受賞に至りました。



このできごとに対し、ウィリアム軍曹は、「他の人も自分のために同じことをしたでしょう」と語っています。



これほど篤い信頼関係はそう簡単には築けないな・・・すごい!




「信じてほしい」「協力しよう」とか、上司にいくら言われても、

銃弾が飛び交うような自分の命が危ぶまれる場面で上司に従うことはなかなかできないことだと思います。


日ごろの関係の中でそのような深い信頼関係が生まれるのだろうなと思いますが、

大尉はどのような思いで上司・リーダーとして部下たちと接しているのでしょう?





ウィリアム大尉は、優れたリーダーとは「親のような存在」だと考えています。





「素晴らしい親はまず子どもにチャンスと教育、そして必要ならば罰を与えます。

実はそれは優れたリーダーと同じで、彼らは部下にチャンスと教育、そして必要に応じて罰を与え、

安心感を与えつつ安全に失敗できる機会を与える存在なのだ」


と語っています。

いやあ、そうですよねー!


危ないからと言って挑戦することを妨げる過保護な親ではなく、

お前には無理だと言ってさせないのではなく やってごらんと背中を優しく押してくれ、

失敗すれば必ず助けてくれるし諭してくれる

間違ったことをすればときには本気で叱ってくれる



そういうのってですよね。




また、海兵隊には習わしがあり、上官は最後に食事します

部下に先に食べさせ、部下の食事が終わるころには上官の食べ物は残っていないこともあるそうです。

先に子どもに食べたいだけ食べさせてあげ、自分のごはんが無くなってもお腹いっぱいの満足な顔を見て自分も満足するような、親と一緒だなと思いました。


親が子どものために自分を犠牲にするように、部下が守られ安心できるように自らを犠牲にする選択ができる人、これが優れたリーダーになるのではないでしょうか。


そしてこの記事の筆者はこのように言っています。


「そしてこのリーダーの選択や考え方は組織全体に浸透して行き、

周りの人々が徐々にリーダーのビジョンを実現させようと協力することに繋がります。

ではなぜそこまでして周囲はリーダーを支えるのか、なぜその人のために全力を尽くせるのか、その答えは簡単です。

なぜなら彼らは絶対的信頼を置き、安心感を与えてくれるリーダーのために当然のことをしている感覚で動いているからです。」



親は子どもを愛するが故に、自分のことを忘れ自らを惜しまず子どものために犠牲にできるんだなあ

リーダーに部下を愛する気持ちがあって、その言動の背後にある愛を感じて部下たちは自ずと、この人についていきたい支えたいと思うようになるんだなあ

と思います。



愛において、他の人より優っている人、自分以上に他の人を愛することのできる人が

周りから信頼され真のリーダーとなりのではないでしょうか。



コミュニケーション力やらなにやらスキルを身につける以上に、

親のように他を愛する心 がまず大切なのではないでしょうか。





そのような私自身になれるよう、頑張っていきたいですね。

以上、ジョーからでした!
posted by 山口大学CARP at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひさびさ顔だしましたっ!
皆さん頑張ってますね♪

親の立場ってほんと大事ですよね(*´・ω・`)
そういう人がたくさん増えるといいですね!
Posted by くぅ at 2015年10月25日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428297190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック