はじめての方へ
山大CARPへようこそ! 「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック! このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧 他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧      またブログ村にも参加しています‼ 


 

一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

ランキング急上昇中⤴⤴                      

今日のランキングは?                     

↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2015年10月19日

ある新聞記事から

お元気さまで―す!!

このごろ社会のことに関心を持ち始めたにっしんです。




そういえばつい最近同性婚についてWASで第1号の新聞が発行されました。




早速読んでみましたよー✨




ふむふむふむ・・・ほぅほぅ・・・






確かに同性婚については賛否両論ありますが、



将来や子供のことも考えていけば家庭が大切だなと思いました。





自分は参加していませんでしたが (参加してないんかい ビシッ、))




参加したメンバーがすごく良かった💡と言っていろいろ教えてくれました。



次こそは自分も参加したいなぁと思いました




W・A・Sの次回のテーマはーーーー




なんと!?





今話題の安保法案らしいです。 自分も頑張って勉強します!!





あっっそういえば新聞といえば




夏にアメリカで創造論の博物館についての新聞記事があったような・・・





人間と恐竜が共存している場面(つくりものですが)の記事などが乗っていてビックリしました





日本では当たり前のように進化論を信じている人が圧倒的に多いですが




他の先進国(アメリカなど)では進化論創造論の両方が支持されていて創造論を信じている人の割合も多く




お互いに批判しあい、論争になっているみたいです。




全く正反対の理論に見えますが、なぜそこまで論争になっているのか?





ということでー、進化論創造論について考えていきたいと思います!





まず創造論について簡単にみていくと



”宇宙や生命のすべてが創造主(神)が神によって創造された




という主張で極端なもので



地球の年齢は1万年よりも小さい




人間と恐竜は共存していたなど



現代の科学で言われているものとは全然違うように考えられています




一方で進化論は



”30億年以上前に現れた単細胞生物から出発して進化によって今の人類になった




という考え方です(日本ではこちらが一般的ですね)






しかし、「宇宙の始まりからこうして人間が生存できる環境が偶然にできるわけはない、確率的にもあり得ない」




という人が多く、ゆえに神が意図をもって創造したんだ!と考えられています





たしかに




進化論側でも進化は偶然ではなく必然ではないかと考える人もいますが、




それは神によってではなく





自然淘汰が原因なんだという説があります。






自然淘汰とは一言でいうと





厳しい環境により適応している個体だけが生き残って子孫を残すことです





キリンやダーウィンフィンチなどがよく例であげられます(詳しくは省略)。





進化論側は自然淘汰説を絶対的に信奉しているので進化は必然なんだといっています




つまり両者とも進化は必然的なんだといっていますが、




結局それが創造主(神)によるものなのか、自然淘汰によるものなのかでもめているんですね






💠それでも





創造主(神)が意図を持って自分たちを創造したんだという風に思います






昔から人間は人間、恐竜は恐竜として創られたから、人と恐竜が共存していた時代があったんだ・・・




という風には思わないですが、




進化の過程に創造主(神)の意思があったんだと思います





進化論では進化は自然淘汰によって必然的に進んでいったと信じています。




たとえそうだとしたなら自分たちの存在に意味はないし、相対的な価値になるので本当の意味で幸せはないです。



それって悲しいですよね💥




しかし創造主(神)によって創られたのであれば、・・・自分たちのことを何十億年もかけて大切に創られたのだとしたら、




そこに生きる意味や人生の目的、価値があるのではないでしょうか。





その方が喜びがあるし、幸せな姿ではないかと思います!


ひとりひとりが本当に尊い人なんだ!



そのような思いを持って


互いに喜び・悲しみを分かち合えるような


One Family文化を発信していけるように


大きな志を持ってこれからも更に頑張っていきます!!




ありがとうございました。





posted by 山口大学CARP at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに!願われて生まれた私であり周りの人たちであるというところから、相手を尊重する気持ちが出てくると思います。

日本は宗教や神に対して抵抗があるから、なかなか創造論というものが浸透しにくいのではないかと思います。
宗教性は必要ですね。
Posted by ジョー at 2015年10月23日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428075429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック