はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2012年01月26日

保護者の皆さまへ


はじめましてかわいい
山口大学原理研究会代表(CARP)をしています
メンバーからはRaanaと呼ばれておりまして
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

さてさて....
『原理研究会』と言いますと、
“あぁぁ〜原研ね”と
ご存じの親御様が多いと思います。


“うちの息子・娘がCARPで活動していると聞いて‥”
っと見に来られた方が多いと思いますので・・・

山口大学CARPの活動を
分かりやすくお伝えできればと思います。


今や『親喜ばせ原理』とでも言えますでしょうか‥あはっぴかぴか(新しい)
まず、山口大学CARPが目指しているのは
より良い地域、社会、世界へ貢献していく一人一人になる!
周りの人(家族・友人etc)に幸せを与える人になる!
を目標に様々な活動をしています。
詳しくは、カテゴリの中の活動紹介など
をご覧ください。


その名は“原理研究会!!”ですので、
   真実はいつも一つ!(笑)     

歴史上の思想、宗教哲学が包括的に体系化されている
『統一原理』を研究しています^^
そして清掃活動やスポーツサッカーなどをしたり
様々な事に挑戦し、楽しく多くの事を学んでいます!

この大学生時代は様々に学び、研究し、探究し、
何が正しくて、何が間違っているのか
これからの人生で何が重要なのか
知識的にも精神的にも大きく成長していく時exclamation


個性あふれる頼もしいメンバーで、
楽しく活動しているので
どうぞいつでも会いに来てくださー(長音記号1)い!!

CARPは学生が主体になって活動しているサークルです。
CARP=統一教会と言われがちなのですがたらーっ(汗)
そうではなくて、正確には
同じ『統一原理』を用いているので
友好関係にある団体ということになります^^

山口大学や地域の方々や親御様にも
正しく理解していただけるように
何度か代表して話をさせていただいたり、
こうしてブログを立ち上げたりしています晴れ


まだまだわからない部分があると思いますが、
少しずつ正しい情報をお伝えしたいと
思っておりますので、今後とも宜しくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


いつも“頑張ってね〜、ありがとうね〜”と応援してくださる
親御様、地域の方々にこの場をお借りして、
心から心から感謝を申し上げます。



ー(長音記号2)
次回の内容は、
なんと‥山口カープのメンバーの
(半熟の方が好きですが)なまの声を
お届けいたします。

         わーい(嬉しい顔)ご期待ください!

山大原研代表  Raana
posted by 山口大学CARP at 11:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 保護者の方々へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐賀大CARPの者です!!

CARPはホントに素晴らしいサークルですよ^^
私も1年生のころから活動していますが
毎日が充実しています★

Posted by ひかり at 2012年01月26日 19:42
私はCARPの7日研修に参加しその後企業の取締役や親業を経験した。私も親を心配させた口でご父兄の同年代にあたる。お子さんを信じて話に耳を傾け自分の問題として確認して見られたらどうか?きっと目から鱗である。
Posted by ノマ at 2012年12月22日 05:09
CARPは40年を超える歴史と聞く。共産党や左翼勢力は暴力革命や指導者批判で世界平和を目論んだが失敗した。愛による世界平和を説くCARPの人材育成と具体的な活動の実績を親御さんの前に示す時代と思う。
Posted by ノマ at 2013年01月07日 22:34
ノマさん、本当にそうだと思います!結局は皆の願いは平和ですよね、そこに向かっているカープの若者・・・その学生達を間違った情報の目で見ることなく、その実体を自分の目で見て、聞いて、確認して・・そしてそれを信じてほしい。
Posted by Raana at 2013年01月08日 16:43
そうだね。私の父は拉致監禁といった卑怯な手段ではなく、直接CARPに行って指導者と会い私の話を理解しようと努力してくれ数年前母を頼むと言って亡くなった。一方拉致監禁された後輩は薬物で心身を病んで、親との断絶をなかなか超えられないでいる。自分を信じてくれた両親に感謝している。
Posted by ノマ at 2013年01月08日 20:42
私はその後聖書にも関心を持ち、ぞうり履きの伝道者と言われる升崎外彦氏の壮絶な人生に感銘した。
http://lvjcc0822.blog60.fc2.com/blog-entry-421.html
人権無視の扱いを受けた日本キリスト教会の一部が拉致監禁といった「人権無視」に加担する構図を升崎外彦氏は嘆くと思う。
Posted by ノマ at 2013年01月12日 04:01
親の心配は子供の将来だ。一流企業に入れば経済的な安定は約束されたような気がする。しかし企業は栄枯衰退がある。CARPOBの中には起業家として芸術家としていろいろな分野でがんばっているOBがいると思う。講演会を開いたり、大学と協力できることはたくさんあるはずだ。東大の安田講堂みたいにCARP講堂をプレゼントすれば、一発で態度は変わると思う。
Posted by ノマ at 2013年01月30日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック