はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2011年11月24日

○×クエスト!!part2 〜マルクスとキリスト教社会〜

いや〜長らくお待たせしました。連載再開であります。






なんだか書いていてマルクスやっぱかわいそーだなあなんて思ってきました。




それはいいんですけど、





やっぱ暴力いけない!反発いけない!いけないさせないゆるさない!!








やからねー





あくまで








マルクスだめやろ!(ケP風)





という立場です。ハイ





この内容は、読者の方がとっつきやすいように描いているので、ほぼ僕の空想です。マルクスごめんなさい。






教師もムスカ並みの悪役でごめんなさい!






ご指摘や感想があればまたコメントどうぞ










では気を取りなおして!!!








前回の回想




ユダヤ教のラビを母親に持つマルクスはキリスト教社会が広がってきたこの街では嫌われ者だった。

ついに街の条例ができ、ユダヤ教徒に対する迫害がはじまる!

いつも嫌悪のまなざしでマルクスを見つめていた偉そうな教師。街の条例を理由にマルクスを退学にする!

それを聞いたマルクス大激怒!!
マルクスつかみかかる!母親乱入!教師調子に乗る!
マルクスつかみかかる!母親乱入!教師ビビる!!!

















musuka.jpg







マルクス「離せ!!こいつを殴らないとゆるせねえー!!」




母「ダメ!取り返しのつかないことになるわ!!」



マルクスは母親を振りほどこうと必死だ。それでいて目は教師を見据え、その中に燃えたぎる憤怒の炎が見える!





教師「クッ!!と、とりあえず君は退学だ!もう一切学校と関わらないでくれたまえ。それでは…」


焦った表情を見せた教師は足早に立ち去ろうとしていた。その時…







母「待って下さい!」



教師「!?」






母「息子が学校行けなくなるなんて耐えられません!この子の将来を考えるとあまりにかわいそうではありませんか!」



マルクスの母親が必死の形相で叫び、教師を説得する。








教師「ふ、そうかもしれませんが、もう条例で決められたことですから。」




母親の心配を鼻で笑うような態度にマルクスはさらに怒りを覚えていた。






母「分かっています。ユダヤ教徒の子どもは学校に通えないんでしたよね。」




教師「分かっているのなら諦めるんですな!」



母「いえ、そういうことでしたら覚悟はできました…








今日で私はユダヤ教徒を辞めます。」


マルクス・教師「な!?」




to be continued...

























posted by 山口大学CARP at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 統一原理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236854651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック