はじめての方へ
山大CARPへようこそ! 「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック! このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧 他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧      またブログ村にも参加しています‼ 


 

一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

ランキング急上昇中⤴⤴                      

今日のランキングは?                     

↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2011年10月07日

CARPの正体…【Part2】



どうもー(長音記号1)Raanaさんです手(チョキ)ぴかぴか(新しい)



さてさて、
だいぶこのお題に対してお時間がかかってしまいました晴れ











前回のおさらいをしますと、
私たち山口大学CARPの目標は“平和な社会を築くこと”とお伝えさせていただきましたexclamation
(CARPの正体…で記載)



でも実際、現実を見てみると、
世界的に「戦争」「環境問題」「食糧問題」、
身近にも「離婚」「いじめ」といった様々な問題がありますよね。







今回は、
・これらの様々な問題の原因はいったい何なのか?
・どうしていけば平和な世の中になるのか?
の二本立てをお伝え出来ればと思っています。

うまく伝えれるかわからないですが‥ふらふら







ここでRaanaさんからの大切な忠告ですが、

あまりの衝撃を受けすぎて、腰抜けないようにしてくださいね!^^*   







ふふふ 
“笑劇”にならないよう気をつけます!









実はよくよ〜くつきつめていくと、これらの問題の全ての原因は、
『社会の制度』 とか 『政府の方針』 ばかりではなくて、
たどりついていく根本は、
人間の自己中心性なんです。





もちろん、人間には良心があるので、良い事をしたら喜びを感じますよね。
たとえば、友達にプレゼントするとか、奉仕だとか…
相手が喜んでくれたら喜び倍増ですきらきら
でもその反面、私達は他人を蹴落としてまでも自分を優先してしまう邪な心も同時に持ち合わせているんです。




実際、私の心の中を見つめてみても、
良いことしようとするのに…
周りの目を気にしちゃってなかなかできなかったり…

パッと思ったことが行動に移せたらほんと素敵です☆





社会の問題とか世界の問題とかを何かのせいにして、
自分とは関係無いかのように、自分のことしか考えていないことも多いんですよ雷
私個人の中にそういう思いがあるのに、人のせいにできるわけな―――――い がく〜(落胆した顔)

っということから、ひらめき








私たち山口大学CARPの活動の目的は、
平和な社会を築く為に、
世界や社会に向けて何かを発信することもできることならしていきたいですが、
それ以上に!!一人一人が、
そんな自分自身の心を変えて(邪の心でなく良心を伸ばして)、
「私自信」から周囲にだんだんと平和を広げていく私になりましょうよ!というところにあります!


これが、私達のTrue colors本当の正体です!
御理解いただけましたでしょうか?







なんでここまで思うのかなって感じる方もいますよね。
でも平和な社会や世界ってだれしもが願っている事ではないですか?
その気持ちに正直に頑張っているメンバーを誇りに思います!!!!!   Raanaさん感動しますもうやだ〜(悲しい顔)
でも願っているだけでは何も始まらないんです。

だから様々な活動を通して日々挑戦しています!








じゃあ具体的には何をしたらいいのか、
何をしたらいいと思いますか?
ボランティア? 募金活動?





何をすべきなのか? どうしたらよいのか?

どうして、私たちがこれを学んでいるのかお分かりですかわーい(嬉しい顔)
私達原理研究会(CARP)が学んでいる、

統一原理ぴかぴか(新しい)
に答えの鍵パスワードがあるからなんですexclamation×2








この統一原理、詳しくどういう内容を教えているのか…
知りたいでしょう…
ほんと素晴らしいんですハートたち(複数ハート)


それは来ていただければ早いんですけども(笑)))









次の機会につづく…るんるん

【関連する記事】
posted by 山口大学CARP at 10:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 「CARPって何?」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は原理についてこう思う。→世界平和を目標として、家庭を幸せにできる父母力を磨く根本原則が記されている。四大宗教も普遍の愛を説くが家庭問題を解決できなかった。子供に一番愛の手本を示すべき父母が愛と性という罠にひっかかってしまうからだ。そして多くの思想哲学や科学もこの根本的課題に関しては解答を提示できない。つまり原理は私たちに世界平和へ導ける「聖人」になれと説いているのではないか?→そのために原理を体得し実践するのは凡人には難しくギャップが大きいので問題も起こしてきたと思う。
Posted by ノマ at 2013年01月05日 10:46
指導者には多くの罠がある。女・金・酒・博打、、、。過去そういったものにたらし込まれる人間こそ器の大きい人間といわれた。原理は家庭を大事にして、罠にはまることなく自分の夢を実現していく路を示している。だから真面目に人生を考える若者に希望を与える。左翼のような楽観主義ではなく、自分の深遠な闇を解放してくれるからだ。
Posted by ノマ at 2013年01月08日 20:59
日揮アルジェリア人質事件は全員無事を祈りたい。テロの歴史的な復讐の連鎖はどうやって解決できるのか?ユダヤ人とアラブ人、日本人と韓国人といった敵同士が国際結婚して国境を越えるしかないと文師は説いていた。国連の上部機関に宗教議会を設置すべきといった提案があった。生涯を世界平和に投入された稀有な指導者であった。
Posted by ノマ at 2013年01月19日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219201399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック