はじめての方へ
          山大CARPへようこそ!


   「まずは活動内容を具体的に知りたい!」という方は山大CARPの活動をクリック!

     このブログにどんな情報が載っているかはブログコンテンツ一覧

     他大学のブログを見たい方は全国CARPブログ一覧    

             またブログ村にも参加しています‼ 


 

            一日ワンクリックよろしくね(^_^)/              

          ランキング急上昇中⤴⤴                      

                今日のランキングは?                    

               ↓↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

2015年12月01日

学は、人たる所以を学ぶなり

お元気様です!

早いことに「師走の月に入りましたね

いろいろと忙しくなると思いますが、今年一年もラストスパート!

充実した時間を過ごしていきたいものです


今回は、中間試験期末試験がある学生の皆さんのために、吉田松陰先生の言葉を一つ紹介しようと思います!


タイトルにも使わせてもらいましたが、

「学は、人たる所以を学ぶなり」

です。

どういう意味かというと、

「学ぶ、勉強するということは、人間が人間たるゆえんを知るためにすることなのだ」

ということです。



ところで、皆さんは学校に行って勉強していると思いますが、

どうして勉強しているのか考えたことはありますか?


多くの人が学ぶ理由が分からなかったり、試験いい点数をとるため、受験のため、資格のために勉強するんだと思っているんじゃないかと思います。

少なくとも、自分もそうでした。



確かに、社会に出て行ったときに、有名な大学を終わっていたり、資格を多く持っていると有利かもしれません。

しかし、それが勉強することの本質でしょうか?


松陰先生は、「学は道の得否にあり(学ぶということの根幹は道を得るか否かにあるのだ)」と考えています。


ここでいう、道とは、将来の夢や目標、志のことを指しているのだと思います。


また、試験の点数や進学、進級に一喜一憂する風潮を批判し、弟子たちに次のように言っています。


「区々たる等級何ぞ争うに足らん」


これは、進級や試験の結果などという小さなことを気にかける必要はない。

われわれはもっと大きな目標をもって勉学に励んでいるのだという意味です。





これらの内容から、大学に入って、社会に出てから何がしたいのか

未来を見据えて勉強していくことが重要であるということです。





学生の皆さん!


試験もあると思いますが、勉強する目的を失って投げ出してしまうのではなく、

なぜ勉強するのか?今一度、原点に立ち返って考えてみるのもいいのかと思います!



以上、ツナからでした!

(お詫び、一つではなくて三つぐらい紹介してました


































posted by 山口大学CARP at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | メンバーのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする